日本非核宣言自治体協議会 National Council of Japan Nuclear Free Local Authorities

  1. ホーム
  2. 事業内容
  3. 平和事業(出張講座等)への講師派遣事業

平和事業(出張講座等)への講師派遣事業

1 概 要

  1. 会員自治体の平和教育を支援するために、長崎大学核兵器廃絶研究センターと協力し、平和教育の実践に取組む大学生等を派遣します。
  2. 被爆体験を継承するため会員自治体が主催する平和イベントに、長崎市被爆体験家族証言(交流証言)者や広島市被爆体験伝承者を派遣します。

2 派遣対象

当該会員自治体主催の平和事業(派遣は、原則として1自治体につき1会計年度に1回とします。)ただし、厚生労働省の「被爆体験伝承者等派遣事業」により事業が実施できる場合は、同事業の利用を優先します。
厚生労働省の事業は広島・長崎の各原爆死没者追悼平和祈念館に直接お申込みください。
被爆体験伝承者等派遣事業

3 開催時期

平成31(2019)年4月1日(月)~平成32(2020)年3月31日(火)

4 派遣団体数

10自治体程度

5 募集期間

随時募集します。
※派遣団体数を満たした場合は、ご希望に添えない場合があります。

6 申請等

派遣を希望する場合は、講師派遣申込書を募集期間内に事務局に提出してください。

詳細は平成31(2019)年度講師派遣実施要領をご覧ください。

問い合わせ先

申請申込書・実績報告書提出先
事務局 連絡先
日本非核宣言自治体協議会事務局
〒852-8117 長崎市平野町7番8号
(長崎市平和推進課)
TEL 095-844-9923
FAX 095-846-5170
E-mail info@nucfreejapan.com

 

講師派遣事業の派遣事例

講師派遣実例:函館市へ大学生を派遣しました

講師派遣実例:小金井市へ被爆体験家族証言者を派遣しました

講師派遣実例:郡山市へ被爆体験家族証言者を派遣しました

講師派遣実例:石垣市へ大学生を派遣しました

講師派遣実例:吹田市へ被爆体験伝承者を派遣しました