日本非核宣言自治体協議会 National Council of Japan Nuclear Free Local Authorities

  1. ホーム
  2. 会員
  3. 非核宣言自治体マップ
  4. 沖縄県
  5. 豊見城市

豊見城市

非核平和都市宣言

「核兵器廃絶・平和宣言」決議

生命の尊厳を守るために取り組まねばならない現代世界における最大の課題は、いうまでもなく「核兵器」の問題である。日本は、核兵器の惨害を広島・長崎に受けた国であり、40余年経った今日なお被爆症状に苦しむ人々は後を継たず、核の脅威を最も知る国民である。又、凄絶な地上戦を体験した沖縄県民は、戦争の破壊作業と惨さを知り尽くした民族である。二度と繰り返してはならない「悲惨な戦争・核」の廃絶は人類共通の願いである。だがしかし、核による生命絶滅への脅威は益々広がりを示している。
IFN全廃条約など一部を除いて、核の拡散は進行し、一切の生命的存在を絶滅して余りある。この止めどない核拡散の状況に歯止めをかけ、核実験禁止・核兵器廃絶を実現するために、心ある県民の強い願望は広まっており、各自治体においても「非核平和宣言」を実施せよ、との声は日増しに高まっている。あらゆる自治体が「非核平和宣言」を実施していくならば、必ずや人類の未来に大きな命運を切り開くことができるものと確信する。

沖縄の美しい自然・緑・珊瑚礁、そして人間を二度と破壊してはならない。「生命の尊厳」を守る観点から、あらゆる思想・信条の相違を越えて、人類的立場で核廃絶を願い、恒久平和を目指して、本議会は、ここに「核兵器廃絶・平和宣言」を決議する。

平成元年10月5日
豊見城村議会(平成14年4月より豊見城市)

豊見城市非核平和都市宣言

世界の平和と安全は、人類をはじめ地球上すべての生物のい存在に不可欠の要件であり、真の恒久平和は全人類の普遍の願いである。
我々は、国連憲章及び日本国憲法の理念に基づき、世界の恒久平和を念願し、平和主義の原則を揚げ市民が安心して住める文化の香り高い都市として発展するための努力を続けている。
しかるに、世界の核兵器は人類をはじめ、すべての生物の存在に深刻な脅威を与えている。去る第二次世界大戦においては、広島に原爆が投下され全世界唯一の被爆国となり、かつ我が国において唯一の地上戦を体験した我々は、核兵器廃絶、恒久平和をノーモアヒロシマ、ノーモアナガサキ、ノーモアオキナワと訴え続けていくことが、人類はじめ地球上すべての生物の生存と世界平和が実現するものと確信する。
よって、我々はすべての核兵器保有国に対して、核兵器をただちに廃絶し、全人類が平和的な共存共栄の道を踏み出すよう強く訴え、ここに本市は、生命の永遠の存在と平和のため全世界の人類に「非核平和都市」を豊見城市民の名において宣言する。

平成元年10月5日
豊見城村(平成14年4月より豊見城市)

平和事業の実施状況

自治体情報

人口 男 人
女 人
計 0人
面積 km2
平和事業担当課
連絡先
首長
特徴