日本非核宣言自治体協議会 National Council of Japan Nuclear Free Local Authorities

  1. ホーム
  2. 会員
  3. 非核宣言自治体マップ
  4. 新潟県
  5. 加茂市

加茂市

非核平和都市宣言

非 核 平 和 都 市 宣 言

私達のまち加茂市は、越後の小京都といわれる美しい自然的、歴史的環境を有するまちであります。

私達は、このような恵まれた環境の中で、ふるさとを繁栄させ、平和で健康で文化的な生活を送りたいと念願しています。

しかし、今なお世界においては、核兵器の脅威をはじめ、悲惨な争いがあとをたたず、平和と繁栄を願う私達を脅かしています。

我が国は、世界の唯一の核被爆国として、この地球上に広島・長崎の惨禍を再び繰り返さないため、非核三原則を国是としてきたところであります。

私達は、核兵器による軍事施設に関するいかなる協力も行わず、また核兵器廃絶の世論喚起に努力するものであります。

よって、加茂市及び加茂市民は、被爆五十周年を迎えるにあたり、平和憲法の精神を永遠に遵守し、あらゆる国のあらゆる核兵器廃絶と世界の恒久平和実現への願いを込めて、ここに「非核平和都市」を宣言します。

平成7年12月11日宣言
加茂市

非核平和都市宣言に関する決議

世界の恒久平和は、人類共通の願いである。

しかし、核兵器による軍備拡張競争は、ますます激化し、世界の平和と安全に重大な脅威と危機をもたらしている。

我が国は、世界唯一の核被爆国として、この地球上に広島、長崎の惨禍を再び繰り返さないため、非核三原則を国是としてきたところである。

加茂市は、非核平和都市として核兵器及び軍事施設に関するいかなる協力も行わず、また核兵器廃絶の世論喚起に努力するものである。

よって、本市議会は、被爆40周年を迎えるに当たり、市民とともに平和憲法の精神を永遠に遵守し、あらゆる国のあらゆる核兵器廃絶と世界の恒久平和実現への願いを込めて、ここに非核平和都市の宣言を行うものである。

以上、決議する。

1985年3月23日
加茂市議会

平和事業の実施状況

自治体情報

人口 男 人
女 人
計 0人
面積 km2
平和事業担当課
連絡先
首長
特徴