日本非核宣言自治体協議会  

親子記者事業

被爆地の平和への取り組みを全国へ広め、核兵器廃絶と平和への願いを若い世代へ伝えるため、会員自治体に在住する小学生とその保護者を記者として長崎へ招き、平和祈念式典や被爆者への取材などを行い、おやこ記者新聞を発刊します。

また、長崎のフリーライターやイラストレーター、大学生などが新聞づくりをサポートし、親子記者と長崎の青少年や市民との交流も広がっています。

発刊した新聞は、本ホームページに掲載し、会員自治体などへも配布します。親子記者は在住自治体の首長や学校の集会で報告するなど、平和への取り組みが全国へ広がっています。


平成29年度親子記者募集!

本年は親子記者事業第10回記念拡大版として、全国から18組の親子を募集します。
今年の夏、実際に長崎に来て平和への取り組みを取材してみませんか。詳しくは実施要領をご覧ください。
 たくさんのご応募をお待ちしています。




平成28年度親子記者

今年は全国から152組の応募があり、5月26日、長野県松本市で行われた第33回総会において抽選を行い、9組の親子の参加を決定しました。



平成28年度親子記者(取材風景)

 

会長挨拶
会長挨拶
キャンドルへのメッセージ記入
キャンドルへのメッセージ記入
9組親子のキャンドル完成
9組親子のキャンドル完成
平和の灯
平和の灯
平和祈念式典参列
平和祈念式典参列
取材(長崎平和特派員)
取材(長崎平和特派員)
取材(ドイツ連邦議会副議長)
取材(ドイツ連邦議会副議長)
取材(江平中学生)
取材(江平中学生)
取材(家族・交流証言者)
取材(家族・交流証言者)
取材(原爆資料館)
取材(原爆資料館)
取材(被爆者)
取材(被爆者)
取材(旧城山小学校)
取材(旧城山小学校)
報告会
報告会
報告会(桜町小の皆さんと合唱)
報告会(桜町小の皆さんと合唱)
学生スタッフとの集合写真
学生スタッフとの集合写真

これまでの活動

【過去の新聞】

 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved