日本非核宣言自治体協議会  
 
 
2017(平成29)年9月 朝鮮民主主義人民共和国
 
   9月3日、北朝鮮が核実験を実施したとの報道に接し、次のとおり抗議文を送付しました。  
     
 
2017年9月4日
朝鮮民主主義人民共和国
国務委員会委員長
金 正恩 様
日本非核宣言自治体協議会会長
長崎市長 田上 富久
 
 昨日、貴国が6回目の核実験を実施したとの発表に接した。
 これに対し、日本非核宣言自治体の325の自治体とその住民を代表し、厳重に抗議する。
 私たち非核宣言自治体は、核兵器は住民の生活と安全を脅かす究極の兵器であるとの認識に立ち、核兵器の廃絶を求めている。
 国連で核兵器禁止条約が採択され、国際社会が「核兵器のない世界」に向けて努力するなか、貴国の行為は、私たちが暮らす北東アジア地域のみならず、世界の平和と安全を脅かすものであり、私たち日本非核宣言自治体協議会は断じて許すことはできない。
 貴国に対し、厳重に抗議するとともに、今後一切の核実験中止と保有するすべての核兵器を廃棄することを求め、私たちが取り組んでいる核兵器に頼らない北東アジアの安全保障の確立のために、非核兵器地帯の創設へ尽力されるよう強く要請する。
 
 
     
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved