日本非核宣言自治体協議会  
 
 
2011(平成23)年5月
アメリカ合衆国
 
   5月23日、アメリカ合衆国が新型核性能実験を実施していたとの報道に接し、次のとおり抗議文を送付しました。  
     
 
2011年5月23日
在本邦アメリカ合衆国大使館
特命全権大使
ジョン・V・ルース 閣下
日本非核宣言自治体協議会会長
長崎市長 田上 富久
 
 先日、貴国がニューメキシコ州サンディア国立研究所において、昨年11月と今年3月に新型の核性能実験を実施していたとの報道に接しました。
日本非核宣言自治体協議会は271自治体とその住民を代表し、厳重に抗議します。
 貴国が、核兵器の維持、開発につながる恐れのある新型の核性能実験を実施したことは、「核兵器のない世界」を目指すとした貴国の考えに反するものであり、核兵器廃絶と恒久平和を願う世界の人々の期待を裏切り、住民を不安に陥れる行為にほかなりません。
 私たちは、貴国に対して核超大国として誠実に核軍縮に取り組み、核兵器廃絶に向けた主導的役割を果たすよう求めます。
 今回の貴国の新型の核実験実施に対し、日本非核宣言自治体協議会の名において、厳重に抗議しますので、本国へ伝達されるようお願いいたします。
 
 
     
 
Copyright© 日本非核宣言自治体協議会 All Rights Reserved